サイクルフィギュア

サイクルフィギュアとは

概要

サイクルフィギュア車

サイクルフィギュアは、英語でアーティスティックサイクリングと呼ばれ、 ドライビングエリア(サイクルサッカーのコートと同じ)内で演技の美しさや 難しさを競うスポーツです。バランス、集中力、勇気を必要とする難しい技を 展開させるところがフィギュアスケートや体操競技と似ています。 サイクルフィギュアは華麗かつ繊細な競技と言えます。

ルール

種目

男子シングル、女子シングル、女子ペア、ペア(男子ペアまたは男女ペア)、チーム(4人、6人制)の部門がありま す。

自転車

サイクルフィギュア用のもので、前後のギヤ比は1対1。 ハンドルは、競技者が上に乗れる様な形になっています。バック走行も可能です。

演技時間

5分間

演技

サイクルフィギュアの技には難易度に合わせ、きめ細かく、点数が設定されています。 技の種類は、二輪走行系、ターンジャンプ系、移行系、倒立走行やスピンなどが有ります。 演技者は定義された技の中から30種目を選び出し、演技中に流す音楽と共に申請します。 演技者は5分間内で30種目をやり終える必要があります。 当然、難易度の高い技を30種類揃えることが高得点へつながります。 しかし、難易度の高い技は、体力を要するものや、やり終えるのに時間を要するものが多くあります。 従って、演技構成によっては、体力を使い果たしてしまったり、30種目やり終えることが 出来なくなってしまう等、かえって大きな減点につながってしまいます。 演技構成も重要な要素である種目と言えます。

審査

競技は種目別に、審査による採点方式で競います。 ディフィカルテイージャッジ(技術点)と、パフォーマンスジャッジ(演技点)に分かれ、減点方式で行います。 ディフィカルテイージャッジは、技の完成度を評価します。技の完成度が低かったり、走行距離が不十分であったりすると、減点になります。 パフォーマンスジャッジは、ふらつきや落車があったかどうかが審査されます。たとえ技が完全に行われても、その際の動作にふらつきや乱れがあった場合には減点の対象となります。伸ばした手足が少しでもぶれても減点対象となるため、演技者には高 い集中力が求められます。 前方への走行だけでなく、後方への走行、あるいはウィリー(一輪乗り)などの走行の仕方があり、点数が変わってきます。 また、ウイリー中にポジションを変える移行系の技や、ターンなども大きいウエイトを占めています。 走行系の技ではハーフサークル(半円)、サ ークル(円)または、エイトサークル(8の字)を描ききらないと減点となります。 ペアの競技では、5分間の間に2台の自転車での演技と、1台の自転車での2人乗りの演技を行う必要があります。 2台の時は二人が同時に同じ技を行い、同調性も採点の対象になります。 1台の自転車での二人 乗りの演技では、技と技の切り替えを1台の自転車の上で行うことになります。 そこでスムーズに切り替えられない場合には、規定時間内に行える技の数が少なくなってしまい、大きな減点対象となります。

歴史

1891年頃イギリスに於いてサイクル・ポロが考案され、競技として発展しました。 1918年頃ドイツ、フランスでフットボール(サッカー)用のボールを使用しての芝生サイクルサッカー競技へと発展しました。 そして、より機敏な自転車操舵ができ、しかも天候に左右されない現在の屋内サイクルサッカーへと発展してきました。 1927年に第1回ヨーロッパ選手権大会がドイツのケルンで開催され、 1930年には、国際自転車競技連合(UCI)の公式競技となりました。 同年第1回世界室内自転車競技選手権大会がドイツのライプチヒに於いて開催され、 第2次世界大戦による中断を経て、1949年から再び世界選手権大会が開催されるようになり、現在に至っています。

日本での取り組み

日本での取り組み

日本での発足

1957年、日本学生自転車競技連盟の林譲四郎氏(当時副会長)等によって初めての国内普及が学連内で図られました。 1967年、海老沢清氏と野本誠一郎氏が中心となってサイクルサッカー開発研究委員会を日本自転車競技連盟内に正式に発足。 競技様式が日本でも馴染みのあるサッカーに似ている事から、「サイクルサッカー」という日本独自の競技名を命名。 サイクルサッカーの組織が固められました。 普及に際し、日本競輪学校、日本学生自転車競技連盟、南関東自転車競技会の各団体に技術指導の役割を要請し、 1968年に初の一般選手と学生選手の為の合同練習会を実施。その成果は1969年、東西8大学の参加による日本初の全日本大学サイクルサッカー選手権大会として実を結びました。

世界選手権への参戦

1972年には初めて世界選手権大会へ選手を派遣。Bグループ第3位の成績を残しました。 その後は毎年世界選手権大会へ選手団を派遣し、Bグループで優勝するまでに実力を向上しました。 しかし、上位グループのAグループの壁は高く、Aグループに昇格するも、すぐにBグループへの降格を余儀なくされました。 以降、昇格/降格を繰り返すもAグループ定着には至らず、グループ入れ替え戦制度が導入されて以降はAグループ昇格がより困難になりました。 しかし、2007年大会でグループ入れ替え戦が設置されてからは初となるAグループ昇格を果たし、 続く2008年大会ではAグループ6ヶ国中で、日本史上初の第5位の成績を納め、Aグループ残留を果たし、 名実ともに日本のレベルの向上を証明しました。

日本での国際試合を開催

日本国内での国際大会は、連盟発足時からの合言葉「日本で世界選手権を!」が実を結び、 鹿児島県加世田市の協力で「2001年世界室内自転車競技選手権大会」が開催されました。 翌2002年には千葉県沼南町で「第5回アジア選手権大会」と、 第1回サイクルサッカーワールドカップ大会の予選ラウンド「ワールドカップアジアステージ」を併催。 その後もワールドカップアジアステージは日本で数年毎に行われております。 現在の競技人口は全国で約200名程、これからも競技レベル向上のため、、 国内での国際大会開催や、選手を増やすための普及活動に力を入れてまいります。